/concrescive5814485.html,fmsound.net,DVD , ミュージック , ロック,…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】,5135円 …アンド ザ ミュージック オブ スティクス~ライヴ イン CDのみ 日本語字幕付 ロサンゼルス 日本盤限定ボーナス追加収録 超激得SALE 初回限定盤BLU-RAY+2CD …アンド ザ ミュージック オブ スティクス~ライヴ イン CDのみ 日本語字幕付 ロサンゼルス 日本盤限定ボーナス追加収録 超激得SALE 初回限定盤BLU-RAY+2CD 5135円 …アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック /concrescive5814485.html,fmsound.net,DVD , ミュージック , ロック,…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】,5135円 5135円 …アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック

…アンド ザ ミュージック オブ 休み スティクス~ライヴ イン CDのみ 日本語字幕付 ロサンゼルス 日本盤限定ボーナス追加収録 超激得SALE 初回限定盤BLU-RAY+2CD

…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】

5135円

…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】

商品の説明

内容紹介

“スティクス"のオリジナル・メンバーだったデニス・デ・ヤングが2014年3月にL.A.で行なった近年の充実した活動の集大成ともいうべき最新ライヴを早くも製品化! 「永遠への航海」「大いなる幻影」「ベイブ」「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」「ミスター・ロボット」「時は流れて」など“スティクス"時代の往年の名曲を中心とした90分を越える円熟のステージ! 日本限定ボーナストラック追加収録(CDのみ)!
【日本先行発売 / 日本盤限定ボーナストラック収録(CDのみ) / 日本語解説書封入】


70年代始めにアメリカン・プログレ・ハードの雄として登場、その後ポップ指向を強めたことで70年代後半から80年代にかけて世界的なヒットを連発、一躍その時代のアメリカン・ロックを代表する存在となった“スティクス"。そのフロント・マン、そしてメイン・ソングライターとして、バンド結成当時から中心的存在として活躍したのがデニス・デ・ヤングである。

デ・ヤングはバンド草創期には「レディ」(1972年)、「ローレライ」、「スイート・マダム・ブルー」(1975年)を、トミー・ショウ(ギター)加入後は彼と競い合うように「マドモアゼル」(1976年)、「大いなる幻影」、「永遠への航海」(1977年)、「ピーシズ・オブ・エイト」(1978年)、「ベイブ」(1979年)、「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」(1980年)、「ミスター・ロボット」、「愛の火を燃やせ」(1983年)といった代表曲/シングル・ヒット曲を書き“スティクス"の名を不動のものとするのに大いに貢献している。

しかしデ・ヤングのコンセプト志向が頂点に達した一方でその評価に賛否両論もあった『ミスター・ロボット』を境に、デ・ヤングとショウとの間に不和が生じ、徐々にバンド活動は停滞していくこととなる。1990年にはショウを除くメンバーで活動再開しアルバム『エッジ・オブ・ザ・センチュリー』を発表、デ・ヤング作の「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」がヒットして復活をアピールするものの、ほどなくして再びバンド活動は停止してしまう。

デ・ヤングとショウが和解し、再び黄金期のメンバーでの活動再開がアナウンスされたのは1996年のこと。しかしツアーを目前にしてオリジナル・メンバーのジョン・パノッツォが急逝、結局黄金期メンバーでの復活はかなわないものとなってしまった。しかしバンド活動はそのまま続行することとなり、96年ツアーを収めたライヴ・アルバム『リターン・トゥ・パラダイス』、そして99年にはスタジオ・アルバム『ブレイヴ・ニュー・ワールド』をリリースしている。

この頃から健康上の問題を抱えていたデ・ヤングは『ブレイヴ・ニュー・ワールド』リリース後のツアーに出ることのないままバンド脱退を余儀なくされている。2000年代以降のデ・ヤングはソロ活動に勤しんでおり、2004年にはスティクスのナンバーをオーケストラをバックに演奏したライヴ・アルバム『ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』を、2007年には通算5作目となるソロ・アルバム『ワン・ハンドレッド・イヤーズ・フロム・ナウ』といった作品をリリースするかたわら、ソロ名義でバンドを率いて精力的にツアーを行っている。

さて、本作『…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス』は、2014年3月18日、ロサンゼルスのエル・レイ劇場にて収録されたライヴ映像作品である。2004年の『ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』もDVDがリリースされているが、本作はそれに続く映像作品ということになる。エル・レイ劇場は1936年に開業した由緒ある劇場。今作はバンドのみの演奏となるが、小規模ながら風情あるシアターというシチュエーションで収録されていることもあり、映像作品として残すべきパフォーマンスであるのは間違いないだろう。

セットリストは上記のデ・ヤング作によるスティクス・クラシックスだけでなく、「ブルー・カラー・マン」、「クリスタル・ボール」、「怒れ! 若者」などショウのペンによる楽曲も演奏されている。これらの楽曲はギタリストがリード・ヴォーカルを担当しており、現在のバンド・メンバーで当時のスティクスのアレンジを忠実に再現しようとしているのが見て取れる。そういう意味でも往年のスティクスの緻密なサウンドを見事に表現しきっており、ショウとジェイムズ・ヤングを中心に活動を続けている現在のスティクスと比べてもまったく引けを取らない仕上がりになっていると言えるだろう。デ・ヤングのヴォーカルも70~80年代以上に表現力を増しており、その健在ぶりを大いにアピールしている。デ・ヤングだからこそできうる表現も随所に見ることができるだけに、スティクス・ファンなら必携の作品なのは言うまでもないだろう。

【参加アーティスト】
デニス・デ・ヤング(ヴォーカル/キーボード)
ジョン・ブラスッチ (キーボード/バッキング・ヴォーカル)
クレイグ・カーター(ベース/バッキング・ヴォーカル)
ジミー・リーヒー(ギター/バッキング・ヴォーカル)
トム・シャープ(ドラムス/パーカッション)
オーガスト・ザドラ(ヴォーカル/ギター)
スザンヌ・デ・ヤング(バッキング・ヴォーカル)

【収録内容】
01.大いなる幻影
02.憧れのレディ
03.ローレライ
04.ブルー・カラー・マン
05.ショウ・ミー・ザ・ウェイ
06.ミスター・ロボット
07.クリスタル・ボール
08.ドント・レット・イット・エンド
09.時は流れて
10.デザート・ムーン
11.ベイブ
12.怒れ! 若者
13.スイート・マダム・ブルー
14.ザ・ベスト・オブ・タイムズ
15.逃亡者
16.永遠への航海
*「ロッキン・ザ・パラダイス」は映像には収録されておりません

[CD DISC 1]
01.大いなる幻影
02.憧れのレディ
03.ローレライ
04.ブルー・カラー・マン
05.ショウ・ミー・ザ・ウェイ
06.ミスター・ロボット
07.クリスタル・ボール
08.ドント・レット・イット・エンド
09.時は流れて

[CD DISC 2]
01.ロッキン・ザ・パラダイス(CDのみ収録)
02.デザート・ムーン
03.ベイブ
04.怒れ! 若者
05.スイート・マダム・ブルー
06.ザ・ベスト・オブ・タイムズ
07.逃亡者
08.永遠への航海
09.ミスター・ロボット(日本盤限定ボーナストラック)*
*2003年4月4日 シカゴ・シアターにて収録

ボーナス映像:デニス・デ・ヤング インタビュー(約6分)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アメリカのプログレロックシーンの最前線で活躍するデニス・デ・ヤングのライブBD。3月に行われたロサンゼルス公演から「大いなる幻影」「ローレライ」「怒れ!若者」ほか全14曲を収録。ボーナストラックを収めたライブCDを封入。

…アンド・ザ・ミュージック・オブ・スティクス~ライヴ・イン・ロサンゼルス【初回限定盤BLU-RAY+2CD/日本盤限定ボーナス追加収録(CDのみ)/日本語字幕付】

Nadru Yakhni

Nadru Yakhni
主要な食材は蓮根、ヨーグルトのみですが、グリーン&ビッグカルダモン、クミン、フェンネル、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ヒングなどなど使用するスパイスが多めで、食べる時だけでなく作る際も香りが楽しめる料理です。


サツマイモとジャワホウレンソウのサブジ

サツマイモとジャワホウレンソウのサブジ
サツマイモとジャワホウレンソウ(アマランサス)をスパイスと共にストーヴの鍋で蒸し煮にしました。サツマイモの甘みとクミン、コリアンダーなどの香りの相性は抜群、さらにホウレンソウの渋みが加わり重層的な味わいを楽しめます。サツマイモに味が負けない程度にホウレンソウは多めに使うことをお勧めします(今回のは少なすぎました笑)。

Dahi Aloo

Dahi Aloo
ジャガイモのヨーグルトカレー。クミンシード、ヒング、ターメリック、コリアンダーパウダー、レッドペッパーを油で炒め、ヨーグルト、塩、ガラムマサラ、茹でたジャガイモを加えて軽く煮て、仕上げにコリアンダーリーフを散らします。チャパティ、米どちらにも合うと思います。温かいうちに食べるとより美味しいです。

Aloo Matar

Aloo Matar
ジャガイモとグリンピースのカレーです。グレイビーは、パオバジマサラ、ローストピーナッツパウダー、ココナッツなどを用いるタイプで、これは西インドはマハーラシュトラ州辺りのスタイルだそうです。ピーナッツパウダーを入れすぎたので、ネットから得たイメージよりもマイルドな仕上がりになりましたが、これはこれでリッチで美味しかったです。

第34回 新安城・インド料理の会

今回は西インドのベジバーガー・パオバジを作りました。


パンは時間が無かったのでスーパーで買ったバタールを使用しました。皮は固いものの味はバジと馴染んでいたように思います。

バジはパオバジマサラから自作して貰いました。一粒だけなのにしっかり主張するブラックカルダモンのスモーキー香りが特徴的でした。チリは抑えめにしましたが、やはり辛いと感じる方が多かったようです。
プロフィール

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

RAJ会 家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 Tamkyo フレキシブル スロートマイクジャック 3.5mmマイクロホン隠しアコースティックイヤピースヘッドセット 用 アンドロイド携帯電話 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 魚貝 アンビカ ネパール家庭料理入門 おうちで本格インドカレー 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 カレーな薬膳 クートゥ ありあわせ パパド カルナータカー チャパティ スリランカ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 とっておきのインド・ベンガル料理 TheKeralaKitchen 新版誰も知らないインド料理 コーチン 旅行 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon